総合的なガイドを書くためのヒントとコツ

構造あるいはペースといった観点からガイドを書くことは簡単ではありません。知識を詰め込み過ぎて読者にストレスを与えたり、目的のないくだらない内容で読者を飽き飽きさせたりすることは絶対に避けたいところです。私はコンテンツライターとしてクライアントから幅広い内容の「究極のガイド」を常に求められています。多様なテーマについてのガイドを多数執筆してきたため、コンテンツ作成における最良のアプローチ方法を身につけることができました。この記事ではガイドを書く際のコツやヒントについてご紹介します。

今すぐ成功するための準備をしましょう。

最初の 1 語を書き出す前に、注意する点があります。精神状態を整えてから仕事に取り組むことは非常に重要です。究極のガイドプロジェクトを書くためには数多くステップを踏む必要があります。アグレッシブな姿勢では良い記事は書けません。

ステップ 1: すでに知っていることについてリストを作成しましょう。

完成した記事の内容は正確で根拠のあるものでなければなりませんが、この段階では気にせず作業を進めてください。あなたは既に記事のテーマについて思っているよりも多くのことを知っているかもしれません。気の向くまますべて書き出してみましょう。

この時点では手書きをおすすめします(さまざまな知識を思い出したり、吸収したりするのに最適です)。私は最近まで、自分のメモとデジタル作業を同期するのに非常に苦労していました。Google Docs は構成やライティングの面では非常に優れていますが、時系列で書くことを「要求」しています。特に初期の段階では私のアイディアは順番通りに浮かんでくるとは限らないので、使いづらさを感じることが多かったのも事実です。今はリンクやクライアントのからの要求(もしあった場合)などのために Google Docs  を利用し、ノートやアウトラインは Rocketbook  の点線のページに書き留めています。

ステップ 2: 追加の下書きを作成しましょう。

特に依頼を受けて記事を書いている場合は、多くの情報源からのデジタル資料が蓄積していることでしょう。クライアントのニーズ、文書化したメモ、使用したいグラフィック、リサーチによって発見した事実(詳細は次のステップで)など、さまざまな資料の整理が必要となるはずです。この作業で私は Google Docs  を利用していますが、どれでも使い慣れたワードプロセッサを使用してください。

ステップ 3: リサーチを行い、事実を再確認しましょう。

基本的な枠組みとすべてのメモの記録が完成すれば、さらにどのような情報が必要か明確になるはずです。頻繁に扱ったことがあるテーマである場合、この段階で記事がほぼ完成しているかもしれません。下書きにむらがあっても心配は無用です。専門知識を提供する記事を書くために専門家である必要はありません。その知識を記事の中でどのように配置するか、またクリエィティブかつ効果的に伝えるためにはどうまとめたらいいか、テクニックが必要となります。

ステップ 4 : 完全なガイドを提出しましょう。

おめでとうございます!クライアントに指示を提出したり、記事を公開したりする準備ができました。この段階には様々なオプションが存在しますが、私は常に中立的な視点からガイドを作成することを心がけています。

次回の記事の準備をしましょう。

何に関しても経験を積めば積むほど上達することは明らかです。私自身も慣れるまでは緊張していたため、1 つのガイドを仕上げるのに数週間もかかっていました(信じられないかもしれませんが事実です)。今はまるで自転車に乗るのと同じように、スラスラ記事を書くことができます。それでは今すぐ準備してコンテンツ作成に取り掛かってみましょう!いつかあなたの記事を読めるのを楽しみにしています。